• 12月20日(日)13:30〜「桐杏学園(東京都豊島区西池袋)」にて
    2009ソーシャルファームジャパン第2回総会が開かれました
写真 | 会場風景
会場風景

【司会 NPOあうるず 菊池専務理事】
開会の挨拶と基調講演は炭谷理事長から活発になってきたソーシャルファームの取り組みついてご報告いただきました。

写真 | 炭谷理事長ご挨拶
炭谷理事長ご挨拶

また1月31日にはヨーロッパのソーシャルファームから報告がある国際セミナー
「障害者の新しい雇用 −インクルーシブな雇用の実現−」
http://www.normanet.ne.jp/info/seminar100131.html
についてのご案内などがありました。(議事録は後日掲載いたします)


今回は地域で活動しているソーシャルファームの事例を紹介いたしました。最初は北海道芽室町柏の里オークルで取り組んでいるでいる、家庭や街路樹からでる剪定した枝から木質ペレットをつくり、公共施設で利用する取り組みを始めている事例と埼玉県飯能市NPOぬくもり福祉会たんぽぽから高齢者や障害者でつくる農産物の紹介がありました。すでに面積も拡大し、大きな力になっています。
また、各地の施設で生産されているものが売れていくためのデザインや価格、また製品そのものの指導なども必要であるため武蔵野美術大学教授の宮島さんと、講師の野口さんからソーシャルファームブランドの形成についてご提案がありました。

写真 | 芽室町の取り組みを説明
芽室町の取り組みを説明
写真 | NPOぬくもり福祉会たんぽぽの取り組みを説明
NPOぬくもり福祉会たんぽぽの取り組みを説明
写真 | 武蔵野美術大学宮島教授
ソーシャルブランド確立のための方策
武蔵野美術大学宮島教授
写真 | ノグチデザイン 野口氏
ソーシャルブランド確立のための方策
ノグチデザイン 野口氏



質疑応答にさきだち、今回参加されているかたの取り組みの紹介もおこないました。一人はクラシック音楽の指揮者で及川光悦さんです。すでに23年間障害者を招待するコンサートを行っています。
http://www.tokachimail.com/shinntoku/091125index.html[別ページにて開きます]
また、無印良品などの立ち上げにもかかわった中田さんからソーシャルファームブランドがビジネスとして展開する際のコツを教えていただきました。

写真 | NAC商品開発研究所 中田氏
NAC商品開発研究所 中田氏
写真 | 質疑応答
質疑応答
写真 | 質疑応答
質疑応答
写真 | 閉会挨拶
閉会挨拶


このページのトップへ